上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.12.26 退院後初診察
昨晩は小田さんの『クリスマスの約束』を見てて夜更かししてしまった。
やっぱ小田さんは最高。

さて退院して早1.5週間。昨日12/25(火)15:30にS先生の退院後初診察のため、病院に出向きました。
少し早めに到着し、病院の食堂で少し遅い昼食後、診察に向かいました。
午後の遅い時間なのでこれまでの経験から空いていると思ったら以外にも混んでいて、この時間にしては珍しく30分待ちでした。
その間、頼んでいた保険会社用と会社復職用の診断書を確認し、共にできていることとのことで受け取りました。12/27(木)の復職面談になんとか間に合いよかった!

そんなこんなしてるうちにお呼ばれ。
お腹の傷の確認⇒ポート抜去後の抜糸⇒診察の順。
お腹の傷は順調。“ちょっと痛い”って言ったら、“そりゃそうだ”的な回答。ま、そりゃそうだな(^^;
ポート抜去部の抜糸後即風呂可と思っていたら、翌日より解禁とのこと(今晩久々に湯船に浸かりたいと思います(^^))
そして診察。
開口一番、“薬のこと、決めてきた?”の問い。
半年間抗癌剤を服用するか否かを入院中に宿題だされていた件だ。
T先生の助言から飲むことを決めていたことより、“飲みます!”と回答。
ただその時は5-FU+ロイコボリンと聞いていたが、実際処方された薬は以下。
・ユーエフティ配合カプセルT100 ⇒ テガフールとウラシルという2つの成分が配合。8時間毎の服用。
① テガフール:フルオロウラシル(5-FU)の効果を高め、副作用軽減のための薬。体内でフルオロウラシルに変換。
② ウラシル:フルオロウラシルが分解されるのを防ぐ。
・ユーゼル錠25mg ⇒ 別名ホリナート。ビタミンの一種で葉酸からできている。自身は癌攻撃性はないが、ユーエフティと一緒に服用することで攻撃力を高める作用がある。
※ロイコボリンユーゼルも共にホリナート。患者のための癌薬辞典
・クレスチン細粒 ⇒ サルノコシカケ。前回TS-1服用時にも処方された薬。今回もご一緒とは?
・ツムラ牛車腎気丸エキス顆粒 ⇒ これは先日痺れを調べていた際に辿り着いた漢方薬。診察時にS先生に言ったところ、“じゃあ、飲んでみたら”とのことで処方されました。痺れについての薬はどれも効く人もいれば効かない人もいることをS先生も当然知っており、患者の希望のままに処方してくれた感じ。但し、もうひとつ気になっていたオキシコンチンについては、副作用だったか何だかちょっと忘れてしまったけど、ダメとの答え。やっぱり飲み合わせや反応等はあるようですね。
koganzai_121225
次回の診察は1/23(水)
ついでに前回の“大腸内視鏡からもう2年経ちますよ”と告げ、1/29(火)に検査も予約してもらいました。やりたくないけど、やっておかないとね。

その後、院内薬局で内視鏡用のニフレックを処方してもらい、院外薬局でユーエフティ等を処方。しかし薬代、やっぱ半端ないね(^^;うーん、病気にはなるもんじゃない…。

夜は前夜が上の娘不在(デートで家を空ける歳になってしまった(TT))だったので、家族揃ってプチケーキTime。そのうち下の娘もXmasにはいなくなるんだろうな…。寂しいなぁ…(泣)まぁ、ずっと居られるのもどーかってとこもあるけどね(^^;
Xmas_121225

関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://trialbyfire.blog.fc2.com/tb.php/96-dd4ae5ee
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。