上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Round9から約3Weeks。爪囲炎はまだまだだけど、それでも少し回復の兆しがあるようです。味覚障害は大分緩和してきているようで、食欲も出てきました。折角落ちた体重が少し戻りつつあるので、ちょっと注意が必要(笑)
でも回復の兆しはありがたいよね。
さて、去る10/10(水)8:30から、主治医の教授さんでもあるS先生の診察がありました。偉い方のようで、なかなか腹を割って話せない感じがあるけど(その分T先生とはある程度話せるのですが)、Round9以降の今後のことについて話をしてきました。
まず前の週10/5(金)にFDGシンチ(PET-CT)検査を実施。予約が13:40だったのに、放射性元素注射まで約40分くらいまっていたかな?で、注射後約1時間は安静。撮影20分くらい。再撮可否判断まで待たされるのだが、前はすぐ連絡来たのに、また40分くらい待ち。結局会計終わって4:40頃。いやぁ~時間かかるぅ(^^;
と、ま、こんな感じで検査を済ませておいて、10/10はその結果も兼ねての診察。
まず、PET-CT検査の結果は、現在癌細胞がある肝臓以外には見当たらないとのこと。これはこれで、まずは一安心。その後、前回の診察時に持ち出された3つの選択肢について、『考えてきた?』との問い。
以前のBlogにも書いたが、僕自身としてはこれまでの抗癌剤治療にて今後の再発が100%無いなんて思ってはいないけど、このまま様子見と言う中途半端な状態は嫌なので(アービタックスのような分子標的薬を使う臨床上、医者は様子見も一つの選択肢なのだろうが)、まずは現時点での決着をつけたいので手術して欲しい旨を答え、結果手術をすることになりました。ただなんでそんな言い方なのかな?とも思ったのだが、『手術をするということは、最悪生死にかかわる場合があるからね。これは3年前にも言ったと思うけど』みたいなことを言うわけだ(^^;
手術で癌部を切除だと思っていたが、開腹した際状況に応じ、切除かラジオ波による焼灼 のいずれかにて対応するとのこと。
手術までは2ヶ月開けるとのことで、ケモRound9終了が9/23(日)だったため、11/末かと思ったが空きがなく、手術は12/3(月)になりました。
入院は12/1(土)からで、入院期間は約2Weeks程度とのこと。ま、前回3年前がきっちり2Weeksだったんで、今回も同様のイメージのようです。
入院前の事前検査として、11/14(水)の心機能・心電図、呼吸機能・肺機能検査、採血、入退院センターとの面談があり、翌週11/21(水)にS先生の診断があるとのこと。
あまり人の話を聞かないS先生だが、ま、とりあえず必要なことは言った結果、手術が決まり、ケモから次のSTEPに行くことが決まりました。
3年前の手術のことを思うと、そりゃ手術は嫌だけど、まずはひと段落つけたいからね。
幸いケモから3Weeks近く経った今、味覚障害も若干緩和の方向で、食欲も出てきました(昨晩は久々飲み会に参加し(もちろんアルコールは無ですが)、2次会までいっちゃいました(^^))ので、少しでも体力を戻して手術に臨みたいと思います。体重はあまり戻したくないけどね。
診察の後は久々に皮膚科に寄り、特に足の爪部を見てもらいました。
とりあえず炎症を抑える飲み薬と塗り薬を貰いました。
飲み薬の効果もあると思うのですが、塗り薬(フシジンレオ軟膏)が効く、効く。逆に早く効きすぎて、肉芽がすぐとれて逆に出血するなんてことになり、塗り薬は頻繁でなく様子見ながら使うことに。でも効くので、少し楽になりました。
kusuri_121013
その後、入退院センターに寄り看護師さんと入院と手術について、話をしてきました。
さっきの『生死にかかわる場合』の話を看護師さんにしたところ、『S先生は必ず言いますよねぇ。でも亡くなった方はいらっしゃいませんから』と笑って言ってくれました。ま、100%なんてことはないのは承知しているけど、こういうコメントは安心するよね。ありがたや、ありがたや(笑)
結局終了したのが12時前。かみさんと帰りはいつもラーメン屋で昼食を取り、家で少し休んで会社に向かいました。
syouya_121010
夕方に打ち合わせ入れちゃったからやむなしで(苦笑)
そんなこんなで手術が決まりました。
それに向けて心の準備をしっかりして挑みたいと思います!!
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://trialbyfire.blog.fc2.com/tb.php/51-5ee09b3c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。