上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.09.01 Round7から1週間
やっぱりケモ(化学療法)の影響は回を重ねる毎にジャブのように、少しづつでも効いているようで、Round7中に日記を書く気になれず、退院後も27日の月曜はかなりだるく出社をPMにして対応。
28日の火曜もどうにも仕事に集中できず。
気分転換に下の娘と『プロメテウス』を見に映画館へ。なのに最後のクライマックスのところでお腹が痛くなりトイレへ。これも多分薬の影響。ま、映画はそこそこなので、見れなかったところはビデオで良いかな?
29日の水曜はようやく少しづつ持ちかえし、出席予定だった歓送迎会は一次会のみパスし、気の合う人のみの少人数の二次会参加のため22時頃いつものスナックへ。ウーロン茶2杯飲んで、“愛を止めないで”と“Live And Let Die”を歌ってきました(^^)
30日の木曜は午後から近場出張。仕事は打ち合わせのみなので、早めに帰宅が出来Lucky。でも暑かったので、やっぱり消耗しましたね。しかし、夜のヤングなでしこが弱っている僕を元気づけてくれました。特に相手は韓国。今の韓国はちょっとね。だから圧勝で超気持ち良かった!!
31日の金曜はPM休暇でT先生の診察へ。身体のだるさと味覚があまりないことを告げると、身体のだるさは肝機能が抗癌剤によって落ちていることが原因とのこと。あと血小板の値が下がっていることも言われました。確かに顔面の湿疹や爪脇などちょっと刺激(ぶつかったりの)があるとすぐ出血。この間会社でPCのKey打ってて何気にKeyboard見たらKeyの一部が赤く染まっていたし(^^;
味覚のことはちょっと心配そうに、“そうなの?”って感じでちょっと気になるけど、回答無。改めて何故CTで見えなくなるほど薬が効いているのに手術が必要か?聞いてみたところ、『大腸癌からの肝転移は基本的に手術で開腹して組織を除去しないと本当に癌細胞が除去できたか?現代医療では判断できない。画像で判断できれば良いが、まだそこまで行っていない。』とのこと。既にCTで癌細胞が見えない状況であるため、以前Round12の予定をRound8で切り上げるかも?とコメント頂いたことを再度確認したところ、T先生の上司でもあり、大元主治医のS先生に判断いただくとのこと。Round8は9/7(金)~9/9(日)まで。翌10日(月)にCT&超音波の検査を行い、9/12(水)にS先生の診察時に判断いただくよう伝えておく、と言っていただきました。なんとか8回で終わってくれるといいな。
さて、その後の副作用なのですが、味覚も大分影響を受けているようで、とにかく何を食べてもあまり本来のおいしさを感じず(上手く表現できないが)、熱いものや極端に冷たいものはだめで、あと揚げ物などの表面凹凸がはっきりしているものは舌が痛い感じ。なので、ストレスが少ない食べ物は果物(今はパイナップルがお気に入り。あと季節がら梨)、常温から少々冷たいスープ、麺類、刺身類と言う感じ。おかげで体重も僅かづつだけど、減少傾向。体重が減ることはWelcomeではあるのですが…。
それから爪周りは大分落ち着いてはきたのだが、なかなかしぶとい。で、ついに足の親指も少々影響がでてきました。部位が当たると結構痛い!手の指ほど影響がでないと良いのだが…。
Foot Finger
副作用ではない?けど、点滴を重ねている腕が時間を経て内出血している感じ(苦笑)やっぱり抗癌剤は強い薬なんだよね。これはやっぱり当事者としては実感するよ。
120901Arm1
120901Arm2
120901Arm3
で、今日土曜はAMは下の娘の事故関連の書類を作成(こっちは被害者なのに、何故か相手の自賠責保険会社への資料を作成。ちょっと納得いかん!)。PMは気分転換に小田原の楽器屋&Tower Recoardへ。色々物色したけど、結局何もGetせず帰宅。RushのDVDが欲しかったのだが、残念。
Round7終了から1週間。ようやく少し落ち着いた感じの今日この頃。Round7日記は追って。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://trialbyfire.blog.fc2.com/tb.php/29-4d741b74
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。