上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日10/16は、前回7/10に続いての診察日。
今回はスタンダードメニューで、採血⇒超音波⇒胸部X線⇒診察のコース。
前回同様、午後から(13:30)スタート。
正直ユーエフティ+ユーゼルの服用を終えてからの初の検査&診察。
最近の生活環境(会社生活、食生活含め)から、正直少々不安でした。
もし再発…なんてことも、考えても仕方のないことも、やはり頭の片隅からは消えなかった。
結果…検査結果には異常なし。但し、腫瘍マーカー値CEAが5.4と若干高し(基準は5.0以下)とのこと。S先生曰く“ま、誤差だな”とのこと。
どういう状況下にてマーカー値が上がるか?等S先生と少々話したけど、先生自身も確定的なことは言えずと言う感じ。
実際最近の日常はストレスを多く受けてるし、結構夜更かしの日々、アルコールは必ず休肝日は設けてるけど…と言うところもあるし、まだ改善の余地はある状況。
不安に思うならその辺りの自己改善を試みないといけないね。
言い訳はいくらでもあるけど、言い訳してても何も変わらないからね。


“何か変わったことは?”のS先生の問いに対し、『特に変化はありません』と回答。
もちろん手足の痺れについては、平衡状態とは伝えたけど。
FOLFOXを終えて1年経過したけど、手足の痺れは消えない。
抗癌剤ってやっぱある意味凄いんだなぁ…。
こうなったら付き合っていくしかないかな?と改めて思いました。こういう症状を持っているのが自分なんだと理解して、そいつを受け入れての日常を過ごそうと改めて思いました。

さて、ところで病院の本屋で本を2冊買いました。
半沢シリーズも読み終えてしまったので、何か読みたいなと本棚を物色し、なんとなくフィーリングと言うか?本屋での出会いと言うか?直感でチョイス。
・ツリーハウス(角田光代)※久々角田さん作品
・幕末史(半藤一利)※以前から気になっていた本
明日から少しづつ読もうと思ってますが、さてどちらから行こうかな?
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://trialbyfire.blog.fc2.com/tb.php/151-d241e4fa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。