上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回の診察日から早2ヶ月。
今年4度目の診察のため、7/10(水)病院に赴きました。
前回は血液検査+診察のみでしたが、今回は血液検査⇒腹部超音波⇒造影剤でのCT⇒診察の久々のコースでした。
ここのところ検査が大混みのようで、検査りっそくでPMからのStartとなりました。
13:50頃に血液で始まり、上記順序で診察終了が16時過ぎと言う感じでした。

大学病院なのできっと患者数が膨大なのでしょう?ここでの血液検査はほとんど痛みを感じないProfessionalなイメージだったのですが、かなり久々に下手な人にあたってしまいました。左腕に針をさされた瞬間“痛ぇな”と思い注射器を見ると案の定血が出ていない(^^;。検査技師さんが“痛いですか?”と聞くので“痛いです”と答えたら、大慌てですみませんを連発し逆の腕で血液採取。やっぱり午後の時間は患者がかなり少ないので、こういう技量の方が登場するのでしょう?ま、僕らは練習台の意識が十分あるので、特に気にしないですが。

次に超音波。こちらは以前同様、腹部のガスが多いとの理由で超音波は新人&ベテランと2度同じ検査を強いられ(診察時先生曰く“大学病院だからしょうがないだろ”とのこと:p)、1H近くぐりぐりやられました。

その後の造影CTは受付でまた“喘息等ありますか?”と聞かれ、また話が通ってないのか?とがっかりしかけましたが、コメント欄に以前も造影剤でのCTにて問題ない旨記載されていたようで、こちらは順調に終了。(とは言え、造影剤さされた箇所は未だこんな感じに。久々だけど、造影剤入れたところこんなになったっけ?)
Zoei_130710
診察は相変わらず(苦笑)。今日はそれほどご機嫌ではなかったので、あまり多くは話さず。
ま、結論は問題ないとのことのようですが(^^;;
超音波の話は前段の通りで、CTについては“未だ見てないけど多分問題ないよ”と言いながら画像をモニターにてスクロールしながらCheck。
マーカー値を聞くと3.7で問題ないよとのこと。(基準値内だけど2ヶ月前より上がってるのはどうなのかな?)
薬の残分を聞いてまた2ヶ月分出そうとしていたので、もう予定の半年飲みましたが継続ですか?と尋ねると“あー、カルテに書くところないから気付かなかった。半年経った?じゃ、止めよう”とこと。
その後、右の足の付け根にちょっと痛みがあるとか、最近尿の出が多少悪い等相談すると、“CTで見たけど問題ない”“泌尿器科に行って”まぁ、そうなんだけどね…。
ちょっと扱いがぞんざいな気がするんだよなぁ。
まぁ、問題ないからそれほど時間はかけられないのかもしれないけどさ、やっぱ患者はある程度医者に依存してるわけで、コミュニケーションって大事な要素なんだけどな。

と言うわけで、ま、とりあえず今回もなんとかクリア。
ただあと数日で抗癌剤が尽きるわけで、いよいよこれからかな?
改めて気を引き締めないとね!(と言いつつこんな時間(只今1:25)に書いてちゃだめだね(苦笑)。おやすみなさいzzz)
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://trialbyfire.blog.fc2.com/tb.php/134-c500b944
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。