上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.03.07 懐かしい顔
先週末は3/2(土)に検査(いつもの採血⇒胸部X線⇒超音波のメニュー。平日の診察の際に検査が入れられないとのことより休日検査となった)があった。土曜だったので、かなり早めに終了。※超音波検査時に“食事してきましたか?”と聞かれたので、理由を聞くと“ガスが多くて見づらいから”との回答。ガスが多いことは何かの異常か?的な質問をしたが検査してくれた人は多い人も少ない人も居るとの回答(ま、医者でないので、明確な答えはできないだろうが)。確かに手術後にガスが良くでる。来週水曜のS先生診察時に聞いてみよう。

で、それ以外の予定がなかったので週末は映画の梯子でもしてゆっくりしようと思っていたのだが、木曜夜だったか宮城の母方の従兄から“伯父さんが亡くなった”との連絡を受けていたので、検査帰宅後ひとり宮城へ。
支度して新幹線に乗り込み宮城に着いたのは20過ぎ。丁度秋田で新幹線が脱線した日で、宮城もものすごい風だった(俺が吹き飛ばされそうなくらいだったから相当だ)。
通夜は18時からだったこともありほとんど終了で会場は早く引き上げてほしかったようだが、親戚は僕を待っていてくれました。Thanks!
亡き伯父(87歳)と対面(なんだか亡母に良く似ていた)し、伯母・従兄弟と少し話してから、いつも泊めてくれる叔母(母の妹)宅へ。従兄弟たちも集まり、皆で軽く飲みながら久々の再会で盛り上がりました。黙っていた転移のこともなりゆき上話すことに。一瞬皆の表情が曇ったみたいだったけど、“いやいや、俺まだまだ生きるし”と笑顔で回答(^^)
しかし皆歳を取ったなぁと実感。それでも古くからの顔はやはり懐かしい。

翌日は13:00から告別式に出席。その後、遠方ということで伯父と家族には途中退席を詫びて、埼玉に住む従姉と共に帰路へ。
※新幹線の駅で従姉妹と名物“温麺”を遅い昼飯で食べました。やっぱ本場での味は格別。
Umen130303
自宅には20時頃に着。さすがに少し疲れました。
でも今回は本当に久しぶりに会う従兄弟(20年振りの人も)も居て、僅かな時間だったけど顔を合わせることができたことはやっぱりよかったと思う。
こういうことが無いと顔を合わせる機会はないというのが寂しいけど、きっと亡き伯父が再会させてくれたんだろうな。
きっと今頃あっちで亡母と再会していることと思います。
伯父さん、お疲れさまでした。お袋をよろしく!

PS.この日はひな祭りということもあり、夕飯はちらしでした。やっぱ奥さんの飯が一番だな。そうそう、3/3は入籍記念日でしたとさ(^^)
Nyuseki130303
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://trialbyfire.blog.fc2.com/tb.php/111-7b86ae4e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。