上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なんとなく心が汚れてきた感じがしたので、昨日映画を見てきました。
先日のアカデミー賞を見たこともあり、鑑賞するのは『世界にひとつのプレイブック(The Silver Linings Playbook)』と決めてました。
※アカデミー賞は007の50周年やったり、アデルのSkyfallが主題歌でオスカー取ったり、プレイブックのジェニファー・ローレンスが主演女優取ったり(X-MEN ファーストジェネレーションのミスティークだったのにエライ出世だ!)なかなか面白かったが、ちょっとMCに品が無かったな。それが残念。
鑑賞結果は…もう僕的には最高の部類の映画でした。作品賞のノミネート作は結構大作が多い中、こういうのがノミネートされるのは嬉しいね。僕的には何年か前に気に入った『エリザベスタウン』に似た感動でしたね。本当エネルギーもらいました。
Yahoo Movieでは賛否別れてたけど、わかって欲しいね。
劇中でZEPの“What Is And What Should Never Be”が流れたのもちょっと嬉しかった。

で、帰宅後寝る前に以前録画していた『ドラゴンタトゥーの女』をなんとなく見始めたら、これまた嵌り寝れなくなってしまった。おかげで就寝が2:30に(^^;
結構エロ&グロの描写もあり、女性や子供たちと見るのは少々抵抗感はある。まぁ、フィンチャーの映画だからね。僕はフィンチャー得意じゃないんだけど、これは良かった。それからなんだか見てて横溝正史みたいだな?なんても思っちゃいました(^^)
主題歌もZEPの“Immigrant Song”(パフォーマは女性。だけど、格好良かった)。音楽はZEPづいてたね。

身体は酷使してしまったけど、心はかなり充電された昨日でした。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://trialbyfire.blog.fc2.com/tb.php/110-63b9c4e3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。