上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.09.24 Round9 3rd DAY
いよいよ3日目。
初日の点滴開始が前回に反し早かった(15:30頃)ため、終わりも早くなりそうで少し嬉しい最終日。
家に帰ったらしっかり寝たいので、この日はあまり眠らないようにしようと考えました。
で、『三つ目がとおる』の2巻目を読破。
それから持ち込んだDVDから『Apollo13』を鑑賞。この作品はとても好き。久々に見たけど、やっぱ素晴らしいね!NASAの宇宙計画はマーキュリー計画、ジェミニ計画、アポロ計画と、この時代の宇宙話は大好きだね。『ライトスタッフ』も改めて見ないとね。
このまま順調に点滴が終わると思っていたのだが、前日より少々気になっていた点滴部が少々腫れてきたことを15時頃看護師に伝えた。
arm_hare
結果、薬が多少漏れていることによる腫れと思われるとのこと。急遽差し換えとなり、臨床医(研修医?)の若い小太りの女性医師が来てくれた。が、下手。手際は悪いし、左から右に差し換えても血管に当たらず、“左にしますか?”の俺の問いかけで、再度左に差し換え。これも痛かった。で、使用後のガーゼやら諸々のモノを置きっぱなしで去って行った。だめだ、こりゃ(苦笑)
看護師の男性に処分してもらったのだが、看護師さんでさえ苦笑でしたね。あーいうのが、医者になって大丈夫なのだろうか?
結局1H程度ロスったけど、17:30頃無事終了。
最後にトラブルあったけど、これにてRound9終了。
今後は来週の診察(T先生)、再来週のPET、で再々来週のジャッジ診察(S先生)の予定。
来週T先生に色々聞いて、今後の方針を確定してもらいたいもんだ。
スポンサーサイト
2012.09.24 Round9 2nd DAY
2日目も個室だからか?あまり何もする気力なく、とにかく寝てばかり。
そうそう入院前に購入した『三つ目がとおる』の1巻は読破。
やっぱ手塚治虫は良いよね。この間までは『火の鳥』を読んでいて、全巻購入の予定(以前全巻持っていたが処分してしまい、再購入中!)だったが、隣にあった『三つ目がとおる』に触手が動き、1&2巻を購入。話にムラがあるけど、発想はおもしろいよね!
薬が大分効いてきて、段々と体調もだるくなり、食欲もなく、やっぱRoundを重ねるとこうも身体にインパクトがあるんだな?と思わんばかり。
ま、個室ってことで、廊下に出る必要もないことも、かなり影響している気もするが…(笑)
本当にこの日も寝てばかりの1日でした。
2012.09.24 Round9 1st DAY
最初に12回と言われていても、途中で8回で終わって手術、とか言われちゃうとすっかり8回で終わると思っていたのに、思いがけないRound9(TT)
いつも通り、ステーキガストでがっつり食って病院へ。
白血球のsegの値が低く(51%。通常1500以上に対し1300程度)抗癌剤投与にはギリギリの値とのこと。でも、ま、やるんだよね(^^;
病室で知り合ったKさんと今日も病院で再開。たまたま外来で来られていたところ、会うことができました。さすがにKさん、血液検査の諸々の値に詳しかった。俺はsegなんてあまり意識してなかったのに(笑)
で、Kさんと別れ病室へ。今回も前回同様10B。ところが4人部屋に空きが無く、やむなく5,250円/1泊の個室へ。だって4人部屋に拘るなら月~水とか言われちゃーね、そりゃ仕事してるんだから無理ってもん。確かRound1も同様に個室だった気がする。
有料だけど、やっぱ個室は快適!自分だけの空間だからね。でもトイレも付いてて、洗面所も付いてるから部屋から出ないんだよね。ってことで、1日目は仕事疲れもあり、寝てばかり。
そうそう、夕方かみさんが帰宅した後、上の娘(大学2年)が学校帰りに寄ってくれました。 “何話そうかな?”とか思ったけど、和太鼓の話とか、彼氏の話とか、俺の若い頃の話(娘の交際に対してのAnswer的にTalk)とか、随分と話し込んだ。娘が買ってきてくれたスタバ(カフェモカ)飲みながら(^^)
俺の話は“ママに内緒な!”、“OK”って言う感じで、普段なかなか話せないような話を正直に語ってくれた娘。やっぱ娘にも恵まれているなぁ、と親バカながら感じてしまいました。少しの時間だったけど、良い時間でした。
夜はまだ薬の影響が少なかったので、食欲はそこそこ、夜もパスタサラダを食べました。
上の娘との時間が素敵だった初日でした。
sarapasu
2012.09.21 本日よりRound9
すっかり無きモノと期待してたケモ。が、結局、今日から3日間Round9(^^;
ま、やると決まったからには仕方がない。
今週は水曜の米原出張(帰宅は最終ひかりで自宅着が23:30)、昨日も近場の出張打ち合わせで帰宅が22時頃。
この間久々に会った元同僚にケモによる外観劣化(副作用)に驚かれ、近況を話すと『そんな状態で仕事し過ぎだよ』なんても言われました(^^;
俺的にはそれでもすっかり仕事が減った感なので、なんだか物足りないくらいなんだけど、やっぱそうなのかな?
でも確かに身体は疲れたよね。
なので、ま、骨休め的にグーグー寝たるぜって感じで、3日間過ごそうと思ってます。
あと好きな音楽聞いたり、DVD見たりしてね!
そしてこれでケモは最後にしたいなぁと願いつつ(と切実に思う。だってやっぱ副作用はつらいしね。)、
さ、出かける準備に入ろう!頑張ってきますっ!!!(^^v
2012.09.15 Round8 3rd DAY
なんだか平日はやっぱり疲れてだるくて、PC開くのもおっくうになっている。
Round8からもう一週間も経ってしまったので、記憶も曖昧(^^;
でも、書くよ、諸々端折るかもしれないけど(笑)
さて、3日目。2度目の5-FUの投与速度を最初から27ml/hにしたことで、Start遅れが完全に取り戻された感の最終日。
生活は前2日同様、基本イヤホン装着の状態。ただ病院の本屋で購入した『人がガンになるたった2つの条件(安保 徹 著)』も時々イヤホンを外し読書(音楽聞きながらの読書って基本できないので)。
昼は前日同様チャレンジで、かき揚げそばを地下のコンビニで購入し食す。でも前日のスパゲッティのほうが口には優しかったかな?やっぱちょっとかき揚げがね…。
さて今回は最終Roundかもしれないので、自分のケモの詳細をしっかり記憶しようと思い、点滴のすべてをiPhoneで画像を取ろうと思っていたのだけれど、やはり深夜での交換などは画像取れず。
仲良くなった男性の看護師さんが手にしていたケモの指示書を目にしたので、『それってコピーでも良いからくれない?』って聞いたところ、確認後OKとなり指示書を貰うことができました。
最初の日記にも書きましたが、僕のケモは『大腸癌肝転移に対するFOLFOX4+Cetuximab併用全身化学療法と5-FU肝動注療法の併用療法の第Ⅱ相臨床試験』という名の臨床試験で5-FU肝動注療法はせっかくポートを右足付け根に埋めたのに、1回で血管がつまり終了。なので『大腸癌肝転移に対するFOLFOX4+Cetuximab併用全身化学療法』ということになると思います。
貰った指示書には『化学療法【HAI(FU・LV)+FOLFOX4+アービタックス】』と書かれていましたが。※ま、Cetuximab(セツキシマブ:一般名)=アービタックス(商品名)で同じモノですが。
で、まず1日目。
①ソルデム3A 1000ml(40ml/h)
②ポララミン(5mg)2A/生食50ml(10分)
③デカドロン注(6.6mg-2ml) 1V/生食50ml(30分)
④セロトーン1A/生食50ml(30分)
※②~④は主に嘔吐止めとのこと。
⑤アービタックス(一般名:セツキシマブ※分子標的薬)478mg/生食200ml(60分) ※1h経過観察
⑥-1アイソボリン(一般名:レボホリナートカルシウム※抗癌剤:代謝拮抗剤⇒DNAの転写や複製を阻害)191mg/5%ブドウ糖液250ml(120分)
⑥-2エルプラット(一般名:オキサリプラチン※抗癌剤:プラチナ製剤⇒DNAの2本鎖に架橋し分裂を阻害)162mg/5%ブドウ糖液250ml(120分)
※⑥-1&2は同時投与
⑦5-FU (一般名:フルオロウラシル※抗癌剤:代謝拮抗剤・ピリミジン拮抗薬⇒DNAの転写や複製を阻害)764mg/5%ブドウ糖液50ml(全開※だいたい15分)
⑧5-FU 1146mg/5%ブドウ糖液500ml(22h※25ml/hの場合。27ml/hだと約18.5h)
以上の点滴に加え、アービタックス開始後、イメンドカプセル(125mg)1Cの錠剤(嘔吐止め)を服用。※2日目、3日目は朝食後に服用。
で、2日目。
①前日の⑧から継続。※①は常に投与。
②セロトーン1A/生食50ml(30分)
③アイソボリン(一般名:レボホリナートカルシウム※抗癌剤:代謝拮抗剤⇒DNAの転写や複製を阻害)191mg/5%ブドウ糖液250ml(120分)※エルプラットは無。
④5-FU (一般名:フルオロウラシル※抗癌剤:代謝拮抗剤・ピリミジン拮抗薬⇒DNAの転写や複製を阻害)764mg/5%ブドウ糖液50ml(全開※だいたい15分)
⑤5-FU 1146mg/5%ブドウ糖液500ml(22h※25ml/hの場合。27ml/hだと約18.5h)
3日目は前日の⑤を継続して薬が終了後、完!
結局、27ml/hが効いて、17時には完了。Startが遅くて一時は帰宅が22時過ぎかと懸念したけれど、良かった。
逆に前日看護師さんから、“明日はかなり遅くなるかも?”と脅されたかみさんは、娘の文化祭の和太鼓観戦後、仲間のお母さん連中と余裕でお茶していたため、病院に来られずひとり帰宅になることに(TT)
今回はひとり入院、ひとり帰宅という寂しい状況でしたが、ま、これで最後かもという希望も手伝い、また男性の看護師さんもお別れ時もさわやかで、晴れやかに退院したのでした。が、結局最後にならず…残念↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。