上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
半沢ブーム後、『ツリーハウス』(角田光代)を読破し、現在『幕末史』(半藤一利)中。

久々に角田さんモノを読みましたが、なかなか良かった。なんだか読後感が大好きな『対岸の彼女』に似ている気がしました。物語の構成も現在と過去のストーリーが交錯した形も似ていると言えば似ていますが、最後のしめ方とでも言うのかな?そこがとても僕の好きな感じなのでした。
だめな登場人物、こんな奴等近く居たらきっと嫌いだな?と思えるような奴ばかりなのに、
読み進めて行くうちに愛おしくなってしまうような…。後半は結構ぐっと来てしまう。
やっぱり僕は角田作品はタイプだな。かみさんに1冊読ませてみた(キッドナップツアー。これも僕は好きなのだ)が、タイプではないとそれっきり…(TT)
ま、好みだから仕方ないけどね。
以前も書いたけど、半沢シリーズの池井戸さんの作品は読み始めるとある意味止まらなくなり爽快感があるんだけど、やっぱり僕は角田さんや白石さんなんかのジトっとした感じの方が好みだな。

で、現在は『幕末史』中。これは半藤さんの語り口調でお話が進んでいくんですね。
ペリー来航(嘉永六年(1853)から話がスタートし、明治十一年(1878)までの25年間の話だそうです。文庫本約500頁。まだ1/5桜田門外の変を終えたところ。維新の英雄たちはまだ登場していません。ところでこの本、反新政府側の視点で描くとはじめの章でうたっています。幕末は基本薩長側(勝利者サイド)の話が多い(現大河ドラマ『八重の桜』
例外である反新政府側のお話)ので、この先の描き方に期待し、楽しんで読んで行こうと思ってます!
スポンサーサイト
一時期涼しくなったなぁと思いきやまた夏日を観測したり、相変わらず地球も戸惑っている感じですが、それでもやっぱり朝夕は涼しくなって秋を感じさせてくれますよね。
スポーツは膝の関係もあり(と言い訳ですが)、食欲はまぁそれなりに変わらずだけど、最近ちょっと本読んでます。
TVの半沢直樹Boomに結果的に乗っかってしまった形みたいになってしまいましたが、シリーズ読みました。
その前にも同原作者池井戸さんの本も含め、以下5冊を立て続けに読破。
・見えないドアと鶴の空(白石一文)
・ようこそ、我が家へ(池井戸潤)
・オレたちバブル入行組(池井戸潤)※TV半沢直樹 大阪編原作
・オレたち花のバブル組(池井戸潤)※TV半沢直樹 東京編原作
・ロスジェネの逆襲(池井戸潤)
ほとんど池井戸さんの本ばかりを集中的に読んでしまった(^^;;
白石さんは直木賞受賞作である『ほかならぬ人へ』を読んで気に入り、その後『もしも、私があなただったら』も良かったので、何となく流れで。
好み的には池井戸さんよりは白石さんかな?僕はドライな感じよりウェットな感じが好きなので。男女の関係も結構好き。
池井戸さんのは基本企業小説なこともありとても読みやすく、読み始めると一気に行ってしまう爽快感がありますね。『下町ロケット』や『空飛ぶタイヤ』もしかり。半沢直樹シリーズは、その原作のタイトル『オレたち~』って言うなんか軽い感じが今一つ手に取らせなかったんだけど、TVがなかなか面白かったので結果的にBoomに乗ってしまった形ですが読み始めました。
感想は1冊目より2冊目、2冊目より3冊目と言う感じで面白かった。1、2はTVとも結構違ってて興味深かったけど、やっぱり3冊目がTVの先入観がないことも手伝い一番面白かったですね。結構グッと来た(^_−)−☆
半沢みたいにスーパーサラリーマンではないけど(半沢はなんだか島耕作にも近づきつつある?)、同じサラリーマンとして共感できるところもあるし、そういう意味でも池井戸さんのは読みやすいのかもしれません。
さて次は久々に角田光代さんに戻るか?『共喰い』が良かった田中慎弥さんのなにかにするか?最新の芥川賞・直木賞作品を読むか?それとも一気に古典(川端康成や谷崎潤一郎、芥川龍之介とか)に行くか?ちょっと今考えてます。
亡き母や姉は大の読書家だったけど、対して昔は本なんて全く読まなかった自分。なんだか歳を追うごとに本の世界に嵌りつつある気がします。母や姉に読まされる気もしないではないですね。そのうちネバーエンディングストーリーやインクハートのようにその世界の中に入ってしまうかも?それくらい今、本が面白い!
2013.02.22 本を読もう!
会社帰りに本屋に寄った。
“確か『ビブリア古書堂の事件手帖4』がぼちぼちだったかな?”と思ったら、なんと発売日だった(笑)ビブリアは好きなんだよね。基本,栞子さんのファンです。あのキャラ設定はちょっと萌え(^^;
なので月9でやるってんで、ちょっと楽しみにしてたら主役の栞子さんがなんと剛力彩芽?超ショックでした!!で、大輔がAKIRA?とりあえず見始めたけど、設定やら古書堂の雰囲気やら何もかもイメージが違い、遂に先週から見ないように…。まだ録画は続いてはいるから、見るかもしれないけど。
キャスティング時からの予想通り、本のファンをないがしろにした作品と僕は思ってます。TVも良いという人もいるとは思うので、完全否定するつもりもないですが。僕が合わないというだけ。
また剛力ちゃんには罪はないけど、ちょっと彼女最近露出が多すぎて食傷気味…。
さて4巻ですが、母の千恵子さんとの関係はどうなるのかな?

で、この間『共喰い』を読んだせいか?今回の芥川賞の『abさんご』がなんとなく気になってたので、一緒に購入。文庫まで待とうと思ってたのに我慢できず(^^)
ま、ここまでは想定内。

で、寄った本屋は自宅の近くなので何度も足を運んでいるのだが、以前より本の裏表紙に書かれているあらすじと“もっとも純粋な恋愛小説”って言葉が気になっていた『ほかならぬ人へ』(2009年直木賞)も勢い購入。本屋に行くたびに手にとっては戻しを繰り返したから、やっぱ読もうかな?と。
当たりだと良いなぁ。

あー、しかしいっぺんに3冊も読めないのにぃ…(^^;
でもようやく週末。読書Timeはちょっと楽しみ(笑)
明後日の東京往復時もどれにしようかな?
Book130222
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。